不真正連帯債務

「不真正連帯債務」

不真正連帯債務 各連帯債務者は債権者に対して単独で債務を負うことです。 つまり、弁済は絶対効であるが、それ以外のものは相対効です。 全額弁済場合のみ、債務者の債務が消えると言うこと。

カテゴリー: は行, 調査用語集 パーマリンク