性格の不一致

「性格の不一致」

実際の離婚理由として  1つの決定的な出来事ではなく 日々のこまごまとしたことから 「今後一緒にやっていくことはできない」ということは多い。

しかし 、性格の不一致を直接的な離婚理由とした裁判例は少数。裁判例では 性格の不一致を直接的な理由とするのではなく 、性格の不一致をきっかけに長期間別居したり 、精神的におかしくなってしまったなどの具体的な事情から 、 「婚姻を継続しがたい事由 」を判断しているものが多数派である。

 

カテゴリー: さ行, 調査用語集 パーマリンク