3年以上生死不明

「3年以上生死不明」

配偶者が3年以上生死不明である場合、裁判離婚を行うことができる。 期間は配偶者の最後の消息が確認できた時点から3年。 その後も生死がはっきりわからない場合は、当事者不在のため協議離婚や調停離婚を行うことはできないので、裁判所に申し立てを行い、認めてもらう形で離婚が成立する。 また、その場合、生死不明となった理由は無関係となる。もしも、裁判離婚後に生死不明だった配偶者が突然現れたとしても、この離婚は撤回されない。

カテゴリー: さ行, 調査用語集 パーマリンク