遠距離恋愛の浮気

遠距離恋愛してるの相手の浮気に不安を抱えている人は少なくないでしょう!

遠くにいて頻繁に会えないからこそ、少し連絡の回数が減ってきたりすると、
「他の人を好きになってたらどうしよう!」と思うようになってしまいますよね。

「小まめに連絡をとる!」
遠距離恋愛に限らず、恋人同士又は夫婦がより良い関係を保つためには「連絡」がとても重要になりますよね。
今では携帯電話は生活必需品の一部となっていることは言うまでもないでしょう。
遠距離恋愛になる前、「僕たち(私たち)は乗り越えようね!」など、深い愛を誓ったはずなのに、少し時がたち、連絡が少なくなることで「寂しい」「愛されてるのかな?」「まさか好きじゃなくなったのかな?」不安、ネガティヴにと思うようになってしまうものですよね。
遠距離でお互いが忙しい状況になっても、どれだけ忙しくても、マメに連絡は取りあいことが必要と思います。

相手とのつながりが薄れたと感じた時に、寂しさがあり、近くに気を引かれる人がいたら、多くの方はは浮気に走ります。遠距離であれば会って気持ちを確認することも難しいですよね。
毎日「おはよう」「おやすみ」のメールやlineだけでは気持ちは離れていってしまう可能性は多いにあると思われます。

お互いの生活リズムを崩さず、かつ、マンネリ化にならないような連絡の取り合うことが大事ですよね。
私個人的な意見では、

やっぱり目標を持って何かに取り組むことがいいと思います。
例えば、スポーツや趣味や特技(大好きなこと!)頑張ってる姿に人は惹かれる!と良く言うでしょ。
「今度大きい大会に出ることが決まった!」

って話すると、
「すごい!(感動)がんばって!(応援)目指すは優勝?もし(ルールなどいまいちわからない場合は)どうなれば優勝?(ヒアリング)」

結果がでたら、いい結果であれば、「最愛の人に伝える喜び!」残念な結果なら「支えと共感」

次回に向けて意気込み!

これだけ見ても、たくさんの心が動くことがわかります。応援する側なら、ずっと支えてきた結果が残ります。
もちろん、仕事の話もいいのですが、 話しすぎると、愚痴っぽくなったり!
ましてや、仕事に対する価値観が違い、意見が食い違い、言い争いケンカになってしまったら、離れている分、関係修復が難しくなってくると思います。
もうええわ!って怒りに変わってしまうと、近くに支えや癒しを求めるようになってしまうので、

少しだけいつもより相手のことを気遣い、接することが必要になると、
私は思います。

カテゴリー: スタッフブログ, 浮気心理 パーマリンク