W不倫の慰謝料請求 〜プラスマイナス?〜

「W不倫!(ダブル不倫)」ってピンときますか?

不倫してる2人が、既婚者っていうだけのことです。

単純に、「不倫」は、本人が既婚者で、相手が独身!ですねですが、メリットも多いながら、慰謝料請求となりますと、場合によっては「双方の痛み分け!」と考えられます。では、W不倫と不倫と比べてみましょう。

「不倫」の場合は、(例、夫が浮気したとして)
奥さまから、夫と不倫相手に(独身)に慰謝料請求となります。

「W不倫」の場合は、奥さまとすれば、不倫相手に慰謝料請求したとしても、不倫相手の旦那さんから、同時に夫に慰謝料請求されます。奥さま個人で見ると慰謝料を獲得できますが、夫婦とみた場合、お互いプラスマイナスのない関係ないと考えられます。
では、どうしたら慰謝料請求できますでしょうか。

不倫の場合は、精神的苦痛を受けた人は、1人(妻のみ)ですが、W不倫の場合は、精神的苦痛を受けた人が、2人(奥さまと相手の旦那さん)いるということです。

一般的に、不倫したことは隠したいものです!
例のようなケースでいくと、不倫相手の旦那さんが知らない状況にすれば、慰謝料請求できますよね。

あくまで可能性の話です。示談書や、正式な署名等が必要になりますので、その際は弁護士さんへご相談ください。

カテゴリー: スタッフブログ パーマリンク