立証 〜証拠不十分〜

「立証」とは、

訴訟に勝つため、

そして、

証拠としての正しさを明らかにすること

です!

 

複数の証拠が集まったとします。

その一つひとつが有力なものであることが理想です。

証拠内容について
・ラブホテル
一般的に肉体関係を行う施設として

周知されているので、

「2人で入るときの写真」「2人で出るときの写真」

二つが揃いそれだけで、

かなり、有力な証拠と言えるでしょう。

ただし、時間もあります。30分とかでは休憩と

言い訳されても仕方ないので、

少なくても3時間以上が良いとされます。
・自宅や、不倫相手宅に出入りしてる
家は、1度だけの場合、「気分が悪かったから」

などと言われてしまいますと、証拠不十分です。

家の場合は、複数回撮影が必要となります。

手をつないだり、キスをしたりも同じ考え方です。

メールラインや手紙で「またHしよーね!」

などを見ても、

「いたずらで送られてきた!」

と言われてしまえば、それまでです。
大事なのは、
「法的に不貞行為を立証できるかどうか!」

です。
・いくつ証拠がとれたのか、

・不倫期間はどれくらいなのか、

・継続性があるのかないのか、

そして、

探偵会社へ調査を依頼しますと、

安価ではありません。
高額なお金を払って次のステップへ進むため、

高額なお金をはらって、

弁護士に相談したら、「証拠不十分」です。

と言われたら、身がもたないほど、

気が参ります。どん底に落ちます。
そして、さらに、証拠不十分なので、

再度、調査を依頼します。
「いったい、いくら払ったらいいの?」
探偵会社のホームページには、

安い金額が記載されています。
実際はそんな金額でできるわけないと、

みなさん気づかれていると思います。
でも、その後があるのです。
離婚をお考えの方であれば、
探偵会社の思考や戦略、他社との違い、

自社の売りは何か、
しっかりと聞き出してください!

もちろん

「〇〇円で絶対!」

ってことはありません。
2人一緒にいなかったり、
調査を依頼した日が、2人があわなかったり、と。

なので、絶対とは言い切れません。
だからこそ!
です!
弁護士に相談し、
「証拠としてこれでいきましょう!」
って言われる証拠はどのようにすればとれるのか、
まことサーチは、全てご説明いたします!

カテゴリー: スタッフブログ パーマリンク