法廷離婚原因

「法廷離婚原因」

夫婦間の協議で離婚の合意に至らず、離婚裁判をする場合に必要な要件。不貞行為もそのひとつとしてある。例えば夫婦の一方が離婚を望んでいるが、不貞行為をしていた他方が離婚に応じない場合には、裁判によって離婚することができる。
ただし、先に調停をしないと離婚裁判をすることができない。※「調停前置主義」を参照

カテゴリー: は行, 調査用語集 パーマリンク