制限行為能力者

「制限行為能力者」

単独では完全に有効な法律行為をすることができない者(行為能力の制限された者)のことをいう。
具体的には、未成年者などで、未成年者が法律行為を行うには、原則、その法定代理人(親権者等)の同意が必要となる。

カテゴリー: さ行, 調査用語集 パーマリンク