権利能力

「権利能力」

権利能力は、権利・義務の主体となることができる資格のこと。「権利」能力というが、義務を負担する能力をも含んでいる。
民法は社会生活を権利・義務の関係としてとらえるので、権利の主体となることができなければ取引を主体的に行うことができない。取引の世界に参加するためには、権利能力という資格が必要である。人間は権利能力を有するので取引に参加することができる。しかし、人間以外の動物は権利能力を有しないので取引に参加することはできない。(どんなにかわいいペットであっても、その法的地位は「物」である。)
権利能力は、個人(自然人)に対して認められるだけでなく、一定の団体に対して与えられることもある。団体(法人)の権利能力は「法人格」と呼ばれることもある。

カテゴリー: か行, 調査用語集 パーマリンク