話の食い違い(勘違い)が多くなった

「あれ?そうだっけ?」

という会話が増えたら、浮気を疑い出してもいいでしょう。

話の食い違い(勘違い)が多くなるってことは、

「他の異性と勘違いしている」ことが多いに考えられます。

 

ではなぜ勘違いが起こるのでしょうか? 例をあげてみます。

・会話を聞いている時うわの空状態

・考え事をしている

・気持ちがない

人間の頭の中は、楽しい出来事や楽しいことを頭に浮かばせ、楽しくないことは頭から削除しようとします。

会話というのは、コミュニケーションのひとつです。

浮気をしているとコミュニケーションを取りづらくなり、パートナーといてもリラックスできなくなります。

いつ浮気がバレるのかという不安から、緊張状態になるためです。

 

緊張のせいで、うまく会話しようも思っていると、逆にうまく応答ができなくなり、会話がかみ合わなくなることがあるのです。

 

前ふりもなく急に話し始めたり、こちらの質問から妙にずれた話ばかりし始めたら、パートナーの顔をよく見てみましょう。

 

目をそらしたり、笑顔が引きつっていたり、どこか緊張している様子はありませんか?

カテゴリー: 浮気心理 パーマリンク