携帯電話の扱いが変わった

浮気をしている人に、決まって見られる兆候…

それは携帯電話です!

こちらから言わなくてもお分かりいただけると思います。

今のこのご時世、なくてはならない携帯電話(スマートフォン)。

 

その携帯電話は中には、ありとあらゆる証拠や、思いもよらないような内容まで、浮気の証拠が山ほど詰まっています。

 

■携帯電話の扱いの変化

携帯電話の扱いには数え切れないほどの変化が予測できますが、代表的な3つをご紹介します。

 

携帯電話をロックしている

一番多いのは、突然ロックするようになったという変化。

今まではロックもかけず、オープン状態だったのが、急にロックするようになった。

やはり一番多い傾向ではありますが、現在では若い方を中心にほとんどの方が暗証番号、指紋通知によるロックをかけています。

少し上のご年配の方はロックされていない方がまだ多数いらっしゃるので、その年代の方がロックをかけ始めると、疑ってしまいますね。

また、ホーム画面はロックをかけておらず、ラインやカカオトークなどのアプリだけをロックしているという場合もありますね。

 

携帯電話を肌身離さず持ち歩く

浮気相手からいつ連絡が来るかわからないと思えば、むやみやたらに放置できませんよね。

トイレや寝室はもちろんの持っていきます。お風呂にまで持っていきはじめるとかなり疑わしいですね。 もしくは、自分の部屋に置いておく場合もあります。

 

携帯電話を一切触らない

こちらは逆に、携帯電話を家の中では、一切触らないというのも妖しい行動の一つです。

かかってきたときのこと考えると不安なのと、突っ込まれたときのことを考えての心配性な部分から出る行動です。

着信がなっているのに無視したり、ラインの音がなっていて、明らかに気づいてるのに、見ないという場合は疑わしいですね。

 

携帯電話に関しては、一番重要視する持ち物ですが、その代わりパートナーもバレることを恐れ、意識しています。

携帯電話に関しては、まだまだお話できることがあります。お悩みの際は、お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: 浮気心理 パーマリンク