働き方が変わった(残業代・休日出勤)

浮気?と思わせるもっとも多い兆候は、

残業が増えた

残業が急に増え、働き方が変わったことです。

いままで決まった時間にほぼ帰ってきたのに、部署移動などを理由に残業で遅くなる日が日に日に増えてきた場合は気をつけなければいけません。

 

もちろん、残業が増えた人のすべてが浮気しているわけではありません。

本当に残業しているだけの可能性もあるので、きちんと見極めたいですよね。

 

変に根拠もなく疑いかけると、しなくてもいいケンカがはじまり、夫婦仲が悪くなる可能性があるので、気をつけましょう。

 

休日出勤が増えた

休日出勤が急に増えるということは、浮気してる確率がグンと上がります。

弊社過去のケースから見ても、件数は非常に多いです。

浮気相手と限られた時間でデート日常から、長時間デートを楽しみたい場合、

どうしても休日を利用するしかありません。そこで罪悪感を押し殺して、休日に出掛けて行くわけです。

 

休日出勤が事実かどうか、見極めるポイントをご紹介します。

 

電話をかける

本当に休日出勤しているかどうかを確かめたい場合は、まず電話してみることです。

しかし、用もなくただ電話するだけだと、「疑われているかも」と思われてしまうので危険です。

どうしても聞きたい用事、かけなければいけないことを、前日までに作っておくこともひとつの方法ですね。

 

夫婦でよく話に出る話題のレストランや、印象に残っているテーマパークなどの話をしてみる

これはどちらかというと男性に当てはまりますが、

男性は、浮気してる人相手、もしくはこれから口説こうとしてる人を食事に誘うとき、どうしても見栄を張りたがります。

そして特徴として、一度過去にいったことがある店を選んだりすることが多いのです。

なぜなら、デートで失敗したくないので、自分の知っている、過去にいったことがある良いデートスポットを案内する、

浮気相手と訪れている可能性があります。

それとなく話を振ってみて、様子がおかしくなったりすると要注意!

ただし不自然に追及してしまうと、不審に思われてしまうのであくまでも自然な話の流れで探っていくことが重要です。

カテゴリー: 浮気心理 パーマリンク