追加調査を行うにあたって心構え

「追加調査」

以前、「調査には時間がかかる」というお話をしましたが、少しその続きを。

 

例えば、こんなケース!

 

一度、パートナーの行動調査を行い、対象者がラブホテルへいった、不貞証拠がとれました。

 

しかし慰謝料請求するためには…

 

一度の不貞証拠で慰謝料請求できないことはないけれど、

相手に具の根もでないような証拠を突きつけることで、しっかり慰謝料をとるために、追加調査をすることに。

追加調査する日程がすぐにタイミングよく合えばいいのですが、対象者が会うであろう見込み、もしくは約束がないと、

調査に踏み出せない期間が続きます。

 

むやみやたらで調査するわけにはいきません。

探偵会社としても無駄なお金は払わせたくはありませんから。

 

その日程が決まらなければ、一つの証拠があるにもかかわらず、数ヶ月も調査が先送りになることもあります。

その間の、精神的ダメージといったら……

 

調査というのは、「これだけのことが想定できますので! 」と前もってお話することでお客さまの気持ちは少しは楽になります。

これを何も話さず行き当たりばったりで話する会社には十分注意する必要があります。

結果、証拠がとれずお金だけ取られるようなことがあったら大問題です。

 

浮気調査、そして離婚問題になると、時間がかかります。 

探偵会社としては、お話を聞いて、調査を行い、証拠をとるだけが仕事ではありません。

いかにお客さまの支えになってあげられるか、お客さまの今後の人生においてもベストな形をご提案できるかということを常に考えて仕事しております。

カテゴリー: スタッフブログ, 浮気心理 パーマリンク