気持ちの変化 真実を知るまでは?

面談に来られる依頼者のほとんどの方が、

「離婚は考えてない!」って言われます。

このブログのご覧頂いてる貴方はいかかですか?

 

夫(妻)が浮気してるかも? と思う、以前を振り返ると、順風満帆な生活を送られていたと思います。

「離婚」など意識もしていないですよね?

多少の不満などありながらも、楽しい毎日ではないでしょうか。

 

それが、疑いはじめると、モヤモヤを解消するまで、「真実を知るまで!」心の中がスッキリしない状態が続きます。

しかし、その時点でも、「離婚」という文字は頭に出てきません。

 

真実を知る前と、知った後」に変わります。

 

実際のお客様のご対応させて頂いていると、

最初は慰謝料請求しない! という方でも、気持ちの変化により、

調査日前日に、

「本当に慰謝料請求しなくていいんですか?」と尋ねると、

うすうす感じてるお客様は、「慰謝料請求するかもしれません!」と変わっていきます。

 

そして、報告書を見て現実を知ると、怒りがこみ上げてきます。

 

そんなときに、今後どうしたらいいでしょうか?

怒りに任せて、パートナーを問い詰めることは、今まで我慢してきた気持ち、悩んできた精神的苦痛、調査にかかった費用、などなど、

すべて水の泡になりかねません。

 

私ども相談員は、法律の専門家である弁護士の先生方のアドバイスを頂きながら、一番お客様の将来が良い形になるかをご提案させて頂きます。

カテゴリー: 浮気心理 パーマリンク