強めなお話もします!

先日、親戚の姉夫婦の話をしました。その時にお話したA君のお話です。

A君夫婦には子供がいません。どちらかに原因があるのではなく相性もあるみたいですね。一度はできたのですが残念ながら流産となり、現在も二人で生活しています。

あまり多くは書きませんが、夫婦仲も冷めており、A君自身は離婚届にサイン済みなのですが、奥さんがサインしないとのことです。

しかし、一緒にお酒を飲んだときも、「単なる同居人」という言葉が奥さんからも飛び出しました。

逆に、なぜか離婚しないのです。もう条件は揃ってると思うのですがなぜか…

私はA君のためを思って、少し強めに話しました。少しでも心に響いて、再出発をしてほしいという願いを込めて!

結論何が言いたいかと言いますと、

ご来社されたお客様にも強気でお話することもあります。私たち相談員は営業マンではありません。ご来社されたお客様が、もしくはお客様ご夫婦が幸せになって頂くことが私たち相談員の願いなのです。

でも本当に結婚とは難しいものですね。私の親族だけでもこれだけ話があがります。他の親戚夫婦のお話もたくさんありますが、今日はこの辺で!

と考えますと、3組に1組は離婚することが間違っていない数字だということが実感できます。

私の親族でうまくいってるのは、私の兄夫婦くらいですかね(笑)

カテゴリー: スタッフブログ, ひとりごと パーマリンク