単なる同居人

「単なる同居人」になったらダメです!

セックスレス、性格の不一致などなど、思い悩んでいませんか?

夫婦生活に不満をお持ちの方は、大なり小なりみなさんあると思います。出会ってから、そして結婚して十数年経ってラブラブの夫婦は中にはいらっしゃると思いますが、ごく稀ではないでしょうか。

不満を持ちつつも、「生活の為」や「子供の為」に我慢をし、それが自分の許容範囲を超え、耐えられなくなります。

「何かの為に我慢する」ことは必要なことですが、その前にご自身の幸せを忘れていませんか?

「生活の為・子供の為」の多くを占めるのは「お金」ですよね。勿論、世間体などもあるとは思います。

私がお伝えしたいのは、「ご自身の幸せをなくしてまで我慢しますか?」ということです。

人は幸せになるために生まれてきています。結婚も幸せになるために愛する人と結ばれたはずです。

重複しますが、我慢することは必要ですが、ご自身の幸せをなくしてまで、身を削ることをしてはいけないと私は考えます。

「単なる同居人」になってはいけません! ご自身の幸せを常に掴みに行きましょう!

悩みや不満お持ちの方、

世の中に相談できる人がたくさんいます。その道のプロがいらっしゃいます。友人や、上司、又は親族、プロでは心理カウンセラー、弁護士、そして私ら相談員、たくさんの方が近くにいます。

私たちは、お困りの方の助けになりたいと考えています!

カテゴリー: スタッフブログ, 浮気心理 パーマリンク