婚姻費用

婚姻費用の分担額というのは、基本的に夫婦の協議、話し合いで決めます。

夫婦の話し合いで決まらなかったり、どちらかが話し合いに応じない場合は家庭裁判所に、「婚姻費用の分担請求の調停申立」を行うことになります。調停で2人ともの合意が成立しなければ、家庭裁判所が審判となり、審判によって分担額が決定します。

ただ、調停申立から、調停、審判が成立するまで、
かなりの時間がかかります。

婚姻費用の分担額は、法律的にいくらとは決まっておらず、家庭裁判所の統計では、月額4万円〜15万円が多い模様です。

慰謝料請求と同様に、婚姻費用の分担額についても、相手の収入にもよって変わりますし、不貞行為などをした有責配偶者からの分担請求が認められない場合があります。

カテゴリー: スタッフブログ, 法律 パーマリンク