不貞証拠 〜ラブホテル〜

離婚調停、離婚裁判となりますと「不貞証拠」となる、証拠が必要とお話しております!

では、どんな証拠が取れれば「訴訟に勝てる証拠」なのでしょうか!

手をつないだり、肩を組んで歩いていたり、というのは、スキンシップの一環として取られます。路上でキスをする! 車の中でキスをする! というのは、さらに上をいく証拠となります。

ただ、キスも酔っぱらった勢い!一度きり! となれば、決定的な証拠とは言い切れないでしょう。

やはり一番強力な証拠となるのは、
「ラブホテル」です!

ラブホテルは不貞行為を行う場所と立証されます!
探偵調査員としては、

ラブホテルへ
・入る時(2人で一緒に)と、
・出る時(2人一緒に)の証拠が取れたら、
かなり有力な証拠となります。

そして、一般的に、行為をしようと思うと、行為の前後のゆっくりとした時間、シャワー浴びたりと含めますと、約3時間は必要でしょう!時間が30分では、有力とはされないのです!

もし酔っ払いすぎて、行為をしていなくても
約3時間以上ラブホテルに2人で証拠が取れれば、

行為をしていない!という言い訳は通用しません。

実際に、「訴訟に勝つ不貞行為」というのは、揃った不貞証拠と内容や状況にもよって、
異なりますので、弁護士さんへ相談となります!

まことサーチは、
代表弁護士が運営してる探偵会社です。

カテゴリー: スタッフブログ, 法律 パーマリンク