離婚給付金

離婚給付金とは、離婚する時の「慰謝料」「財産分与」「養育費」等の離婚するときに支払われるものを離婚給付金と呼びます。

これらは離婚が成立したら、どのような形で支払っていくのか・貰うかを取り決める必要があります。手続き無しで支払いはされないので、公正証書として残しておくことが良いでしょう。

「財産分与」

結婚してから離婚するまでの期間に、二人で築いた共同財産(貯蓄や保険・土地や家)が対象になります。財産分与は離婚してから2年間の間に請求しないと時効となり支払請求が出来なくなります。

「養育費」

子供が成人するまで掛かる費用の請求が出来ます。請求の時効はないので何時でも請求が可能ですが、時間が立てば請求がしにくい事もあるので離婚手続きと共に請求するのが得策です。

「離婚年金分割制度」

婚姻が成立している間の標準的な給与の合計額を分割して年金に反映させる事が出来ます。協議で合意した上で社会保険庁に対して保険料の分割請求を行えます。

「婚姻費用」

離婚を前提に別居を始めた時に発生する生活費を請求できます。収入が少ない・又はない場合には離婚が成立するまでの生活費を婚姻費用として請求が出来るのです。これば別居を始めて直ぐに手続きを取る必要があるので、離婚を前提とするなら直ぐに手続きを始めてください。請求手続きをしたにも関わらず、支払がされていない場合には「悪意により放棄した」と見なし慰謝料として請求が出来ます。

「慰謝料」

離婚で発生する慰謝料の場合は、精神的・肉体的苦痛に対しての慰謝料請求になります。浮気や不倫・DVが当てはまり、請求が可能となるので3年以内に請求しましょう。

少しでも早く離婚をしたいがために、きちんと離婚給付金の請求をせずにいると非常に不利になるので、強制力のある公正証書に合意内容を残こしておくことで、相手が万が一支払いが滞っても、強制的に支払いを請求できるようにしておくことが良いでしょう。

カテゴリー: スタッフブログ パーマリンク