不倫していても離婚したくないとき

同棲後結婚して、幸せな生活を送っていたが、お互い仕事が忙しく、少しずつ2人の間に溝ができていった。その後、旦那さんの不倫が発覚した。

メールなどの情報で確信をついているが、証拠は掴んでいない。 旦那さん奥さんに対して気持ちがない。奥さんは別れたくない!

このような内容は、まことサーチ探偵会社はよくある相談内容です。
探偵会社としては、不倫の証拠をとり、離婚なら慰謝料請求にもっていく方向でお話を進める場合が多いですが、反対に請求してはいけないケースをご紹介します。

上記の奥さんの相談の場合、
旦那さんの気持ちを取り戻したい!ことが一番の本音です。そのためには不倫相手と別れてほしい。

不倫相手を振り切ることができても、旦那さんの気持ちが奥さんに帰ってくるかというと、それはわかりません。

和解書や念書などを書かせるよう内容証明を送ったり不倫相手をつめると、旦那さんの気持ちが爆発し、奥さんに対する気持ちは冷めてきってしまうことも考えられるからです。

そうなると、旦那さんから逆転で離婚調停に持っていかれるケースもあります。
不倫していることが事実なら、証拠をとっておくことが先決です。 関係修復して有責配偶者、離婚調停となっても証拠があるので、
奥さん的にも、どちらの結果になっても優位に進めることが大事です。

カテゴリー: スタッフブログ, 浮気心理 パーマリンク