本人出頭主義

調停や審判で弁護士を依頼していても、本人も出頭する必要がある。訴訟になれば、基本的に弁護士のみが裁判所に行く形が一般的。証人尋問は、原告や被告以外の尋問。たいてい味方の弁護士の主尋問→相手の弁護士の反対尋問→ 裁判官の尋問という順番となる。

カテゴリー: は行, 調査用語集 パーマリンク