判決書謄本

判決書の写しのこと。謄本というのは、原本のコピーという意味。判決書の原本は裁判所にあり、そのコピーが謄本です。ただ、どんなコピーでも謄本ではなく裁判所が「これが謄本です」と印をおしてくれものを特に謄本と言う。裁判離婚をした場合に、役所に離婚届を提出する際にはこの判決書の謄本と判決確定証明書が必要になる。

カテゴリー: は行, 調査用語集 パーマリンク