年金分割制度(離婚時)

2007年度から、夫婦が合意すれば結婚期間中に納めた分の夫(妻)の厚生年金や共済年金を、最大2分の1まで相手に分割できるようになる。サラリーマンと専業主婦については、08年度以降に納めた保険料は「夫婦で共同して負担したもの」とみなされ、もらえる年金は自動的に半分ずつになる。

カテゴリー: な行, 調査用語集 パーマリンク