調停前置主義

「調停前置主義」

当事者間で協議が整わない場合、いきなり裁判所に訴えを提起することはできず、原則、最初に調停の申し立てをすること。それでも合意が得られなければ訴えを提起することになる。

カテゴリー: た行, 調査用語集 パーマリンク