調査してみると浮気相手が二人?

40代の奥様からの相談内容です。

夫:(51歳)妻:(48歳)

夫の浮気が発覚し相談にこられました。

子供たちは成人されていて、お互い休日は旅行など楽しむ夫婦生活を送っておられました。奥様が旅行を企画され、旦那様へ提案すると「いいよ!いつにする?楽しみだね!」という会話が飛び交う中睦まじい夫婦の会話でした。

ただここ数か月夫の様子がおかしいと奥様は思っておられました。旅行の提案をしても「その週は忙しい、出張や!」「今日は帰りを遅くなる!」と夕方突然連絡あったりと。

そんな思いが数か月続く中、日々生活をされているとき、旦那様が「携帯が調子悪いから機種変更したい。スマートフォンにしようかな」と奥様にお話がありました。

奥様はスマートフォン、旦那様はガラケーをお待ちで、以前より旦那様は機械に弱く、携帯電話の設定や、PCのメールや、プリンター設定など、奥様にお願いする日々でした。

PC設定や携帯電話の初期設定は奥様がされますので、IDPWはすべて奥様が管理されておられます。

機種変更するにあたり、PC設定や携帯電話の設定を行うために旦那様のPCのメールを開くと証拠が発見されたのです。

旦那様はPCメールで浮気相手と連絡を取り合っていたのです。それを見られた奥様はその内容を持って相談にこられました。

メール内容を確認させて頂くと、二人の人物とやりとりしていることがわかりました。一人は奥様も知る友人の一人で、もう一人は会社社内の人物でした。

実は以前一度だけ「10年前くらいに夫は浮気をしたことがある」と奥様が話していただきました。

弊社より「一回でも浮気がある人は何度もありますよ!」と断言。

その後、調査依頼を頂き調査をした結果、旦那様はメールの内容通り、二人の女性と接触していた証拠がとれました。奥様へ報告し、離婚を検討されるとのことで、弊社弁護士へ担当へ移行し、慰謝料請求と発展したとのことです。

カテゴリー: 調査事例 パーマリンク