不貞行為

「不貞行為(ふていこうい)」

法律的には、「配偶者のあるものがその自由意志に基づいて配偶者以外の者と性的関係を持つこと。」簡単に言えば浮気のことです。夫(妻)以外と性的関係を持つこと。夫婦はお互いに貞操義務を負わなければなりません。

一方が義務に反して婚姻関係以外の異性と肉体関係を持った場合は、他方は配偶者の不貞行為を理由に離婚請求することができる。

不貞行為を理由に離婚請求する際は、請求する側が配偶者と配偶者以外の異性との「性行為の確認、又は、推認できる証拠」が必要とされ立証しなければなりません。

裁判所では、詐欺や詐欺行為を防ぐため、不貞行為の証拠を厳しく制限しています。

裁判所の判断として、不貞行為によって「婚姻を破綻させたかどうか」が焦点となります。

カテゴリー: は行, 調査用語集 パーマリンク