自分でやる尾行はリスクがある、バレやすい

「携帯からパートナーの浮気が発覚したが、証拠がないので、自分で尾行して証拠を掴む」

誰もが思いつく行動です。

今一度、尾行はリスクがあり、そしてバレやすいことをお話します。

 

たとえば、街を歩いていてすれ違いざまに、

男性なら「あ、あの人きれい!」、女性なら「あの人素敵!」なんてことは多々あると思います。

しかし、視界に入ってる間のほんの一瞬!

その人を5分後に頭の中に想像しても、顔のなかでばっちり映像で出てきますか?

おそらくほとんど方が想像できないでしょう。

 

それが、目をつぶっても想像できるくらいの、夫や妻だったり友人が、街で偶然にもすれ違ったらどうですか?

少し考え事をしながら歩いていても、知っている人が通りかかれば、「あ〜 !」ってお互いわかりますよね。

 

そのようなことから、自分たちでやる尾行はバレやすいのです。

そして、バレたときのリスクは壮大です。

決して尾行してはいけないというわけではありません。探偵会社へ依頼される際も数多くの証拠があれば、スムーズに仕事を進められます。

しかし、絶対に無理をなさらないでください。

カテゴリー: スタッフブログ パーマリンク