絶対離婚には必要 「財産分与 」

「離婚することになったけど、財産分与ってどうやって請求するんだろう…   具体的にはどうすれば…  」

と思われる方は多くいらっしゃいます。

勿論、弁護士へ相談することをおすすめしますが、まずは財産分与はどんなものが対象なのか、どういう場合に請求できるのか、

知っておくべきポイントをおさえていきましょう。

 

財産分与とは

婚姻中に2人で貯めてきたお金は「夫婦の共有財産」とみなされます。

仮にあなたが専業主婦で、結婚期間中に夫が稼いだお金も、財産分与として、分配を求めることができます。

 

※あくまで、「結婚期間中」が対象となります。結婚前の貯金などは、対象になりません。個人のお金です。

 

【財産分与の対象となる資産】

1.現金

2.不動産

3.有価証券

4.年金

5.家具、家電

6.退職金

 

財産分与の対象とならない資産

1.結婚する前に個人的に貯めていたお金

2.結婚を機に、どちらかが持ってきた家具家電

3.個人的に購入した有価証券(株券、社債など)

4.自分の親から相続した財産(現金、不動産など)
洋服や化粧品などの個人的な持ち物

あと、収入や生活レベルと比較して明らかに高い買い物、借金。

ギャンブルのための借金を完全に財産分与からはずれます。

 

わかりやすい言葉で言いますと、

結婚している間に2人で貯めたお金や物は、2人の物です。2人で貯めたお金や物は分け合う、ということです。

しかし、結婚してから2人が決めて購入した住宅ローンなどの借金も2人の財産になりますので、一概にプラスなお金ばかりではありません。

離婚の際は弁護士に相談しましょう!

カテゴリー: 女性の相談, 法律, 男性の相談, 離婚を考えている人へ パーマリンク