離婚には必ず年金分割制度を

知らなければ損をする! とは、本当にその通りですよね。

世の中知らないことが多い中、

年金分割に関しては、損をするどころか、将来の生活に関わる切実な問題です。

わかりやすい言葉で書きますので、ポイントを抑えていきましょう。

 

年金分割とは

2007年4月以降に開始された制度で、離婚する際に夫婦の年金を分割するという制度のことです。

この制度がスタートするまでは、離婚をすると年金はすべて夫のものになってしまうことが多かったのです。

とくに「専業主婦の熟年離婚」は悲惨な老後を強いられるケースが数多くありました。

しかし、年金分割制度ができたことで、妻にも年金の半分をもらう権利が生まれ、老後の年金を受給することができるようになったのです。

 

例えばこんな事例、

あるAさん50歳は家庭のために専業主婦として、つとめてきましたが、旦那とのすれ違いから離婚を決意。しかしいままで正社員で働いたこともなく、離婚後もどこも雇ってもらえません。

仕方なくスーパーのレジ打ちや、掃除のパートやアルバイトで働きますが、多く給料は見込めません。

60歳超えて、体をあちこちに痛みや病気を抱え出したら、働くこともままならぬ状態なら、生活保護を受けることに。しかし、それも生活が豊かになることは考えられません。

 

専業主婦の方も、夫や家族のために、家を守ってきたわけです。しっかり働いてきたわけですよね。

夫は会社に所属していれば、厚生年金を給料から引かれるなどして支払っています。

夫が支払っていますが、その家族を支えてるのは妻ですので、2人で払っていると見なされます。

よって、婚姻期間中のためてきた年金は分割されるということです。

 
こういったことから、年金を夫婦の共有財産として考え、財産分与の対象として、

年金金額の支給が多い方から少ない方へ分割することができるようになったのです。

 

2008年度4月以降に結婚した専業主婦は、手続きが簡単

2007年度にスタートしたときは、分割割合を決めることに、双方の話し合いが必要でしたが、

それが2008年になって、「妻が第3号被保険者(専業主婦など)の場合に限り、自分で年金分割請求の手続きをすれば50%の分割が受けられる」という内容に変更されています。

つまり、夫との話し合いなしで、手続きできるということです。

 

年金分割請求の期限は2年以内

年金分割の請求できる期限は2年以内です。

そして、請求できるのは、「婚姻中」が対象です。

 

年金手帳と婚姻期間が証明できる戸籍謄本を
用意して年金事務所に行くことをおすすめします。

 

冒頭にも言いましたが、やはり、知らなければ損をしますし、逆に知っていたら得することもありますが、

今回の年金分割の話しかり、お金のことで生活に関わってくるので、やはり素人が少し知識を身につけたくらいでは不安もあるのではないでしょうか。

家のことなら不動産、大工さん、

浮気や不倫のことなら、探偵会社

離婚にまつわる問題は、その道の専門家である、

弁護士へ相談することをおすすめします。

カテゴリー: 女性の相談, 離婚を考えている人へ パーマリンク