不倫を繰り返す人の心理

みなさんのまわりの人で不倫をしている人を知っている人はどれだけいるでしょう?

男性女性でも異なりますし、自分のことをよく口にする人、あるいは、あまり自分のことを根掘り葉掘り話さない人、タイプによって変わってくると思います。

不倫をする人と全くしない人と何が違うのでしょうか?

残念ながら、一度不倫すると、何度も繰り返すという特徴があります。しかし、しない人としませんよね。

 
罪の意識がない

不倫を繰り返す人の心理として、罪の意識がない、皆無です。

ニュースを見ていると、

よくそんな悪いことをしてて、明らかに明白なのに容疑を否認していることを見かけます。

それも開き直りなのか、堂々と罪の意識も全く持ってなく、主張していることを見ると、腹立たしい何ものでもありません。

何度も不倫をしている人の心理も同様に、罪の意識がほぼほぼないので、もし一度の不倫がバレたとしても、ほとぼりが冷めたころに、次の相手、もしくは同じ相手と不倫を再開しはじめます。

 

パートナーを甘く見ている

不倫を繰り返す人は、一度や二度なら謝れば大丈夫と思っています。

特徴としては、

・結婚何年もたち、愛情が薄れてきている

・束縛をしてこない

・自由にさせてくれている

上記の理由をもとに、心のどこかで、

「大丈夫!バレない!バレたしても大丈夫!」と思ってるはずです。

つまり自分は不倫をしていても、夫婦関係はうまくいってると思っています。

 

不倫しているのは俺(私)だけではない

ママ友たちほ会話で、「〇〇さんが不倫してて〜、ちがう〇〇さんも〜。」

ということを聞きますと、「私もしてみよかな…  まわりの人たちもやってることだし。」

昼間のママ友たちの会話はおそろしくも感じます。

「不倫してるのは、自分だけじゃない。みんな多かれ少なかれ、不倫願望を持っているもの」

なんて、間違ったことに変に自分を納得させてしまっているのです。

 

意志が弱く欲望に流されやすい

とはいえ、人間は欲望のかたまりです。何事にも欲というのは、必要な、そして当たり前に誰しも持っています。

頼まれたりしたら、断れない人もこの心理です。

女性なら、ダメとわかっていても、気に入っている人から猛烈なアプローチがくると、断れず不倫まで発展する。

男性なら、美しい女性から食事に誘われたり、もしくはそれ以上の誘惑をチラつかせられたら、ころっといってしまう。

 

まとめ

よく「引き寄せの法則」という話をしていますが、

不倫しない人は、あたまから全く不倫という場面を引き寄せていません。なぜならあたまの中で想像すらしていないからです。

逆に、不倫する人は、あたまのどこかで「不倫したい」という気持ちがあります。ですので、不倫になるような出会いによく遭遇するのです。

実は自分から仕向けていっているのです。

繰り返し不倫する人は、強い欲望があり、そして罪の意識がないために、何度も不倫してしまう心理状態と言えます。

カテゴリー: 浮気心理 パーマリンク