ケース1 妻の浮気調査 (30代 専業主婦)

依頼者:30代  夫
【相談内容】
妻の浮気癖があり、友達と会うといって頻繁に夜出かけていく。 専業主婦の妻は子供が生まれたこともあり、仕事は育休中。 頻繁に携帯電話でのやりとりをしているが、ある日長女から妻の携帯のラインのやりとりがあった画面を見てしまう。
そこには浮気相手とのやりとりだった。
離婚はするつもりはないが、もういい加減にしてほしいと思い、調査を依頼。

【契約内容】
妻の携帯のラインから、確実に浮気していることはわかっている。日程も時間もわかっているので、その日に合わせて1日の調査をお願いしたい。
1日調査員1名8時間で56000円のプランで、
調査員2名でのご依頼112000円(税抜き)

【調査結果】
ご指示いただいた日程の夜20時〜翌日4時までの調査。
自宅より尾行開始後、近くのスーパーへ自転車で移動。スーパーの駐車場より迎えにきた車に乗り込み、車での尾行開始。
向かった先はラブホテル。 入と出の証拠獲得する。滞在時間は1時間23分。
妻は帰宅し、残りの時間相手の車を尾行。途中コンビニ等寄り道するが、会社へ帰宅。

証拠写真はおさえているけど、慰謝料請求するための浮気相手の自宅住所やフルネームも必要になることから、後日携帯番号とフルネームから自宅住所が判明。 内容証明を送り慰謝料請求の手続きから弁護士の先生につなぐ。

カテゴリー: 調査事例 パーマリンク