離婚の法的手続きの種類は3種類

離婚には3種類あります。 手続きに関しては専門書も出ていますし、ネットなどで検索していただいら詳しいことはすぐわかります。

 

協議離婚

お互い話し合いのうえで合意し、離婚をすること。 協議離婚の場合、離婚届の承認欄に証人となる成人2名の署名・捺印が必要になります。

協議離婚の場合は、話し合いというより、しっかりと相手と交渉が必要ですので、意識高く持ってください。

数年も経てば、養育費を満額払ってなかったり、勝手に支払い自体をしてなかったりというような話をまわりでも聞いたことはありませんか?

強制力を持たせるため、公正証書を作成しておきましょう。

 

調停離婚

話し合いで解決せず、協議離婚で合意が得られなかったときに、家庭裁判所に申し立てを起こし、調停委員を通して離婚を決定すること。

調停離婚では夫婦が顔を合わせることはなく、調停委員を通して交互に話が進められ決定していきます。

しっかりと頭の中で自分の思いや要求を整理しておく必要があります。

内容がまとまれば、合意内容を記した「調停調書」が作成されます。

 

裁判離婚

調停離婚が不成立だった場合、裁判所に原告、被告としての裁判を起こして離婚を決定すること。

裁判離婚は、民法で定められた離婚原因が必要になり、裁判所に提出する訴訟は弁護士に相談しましょう。

 

いずれにしても上記で、親権、養育権、養育費、慰謝料、財産分与、戸籍や姓の問題、数々のことを決めなければいけません。

 

ご自身でしっかり知識をつけるのと同時に、信頼できる人に相談しましょう。

カテゴリー: 離婚を考えている人へ パーマリンク