許すという選択肢を心に取り入れること

【「許す」という選択肢を心に取り入れること】

浮気に気づいたときの人の行動とは

「浮気発覚→パニック→何も考えずに突進する」という順番。

冷静な判断ができるようになって、やり直したい!と思っても、相手が聞く耳持たずだったり、冷めてしまったら後の祭りです。

 

正しい順番は、

「浮気発覚→許す心を取り入れる→冷静に話し合う」です。

しかし、許すといってもすぐには許せないものです。当然時間もかかります。ですが関係修復するためには絶対に必要になります。

「許す心を取り入れる」ということは、言葉置き換えたら、「冷静に話し合うために!」という意味です。

とはいえ、許すのは過去の浮気であって、今後浮気を公認するわけないので、そのあたりしっかりわきまえて冷静に話し合うをしましょう。

 

浮気問題はパニック、ヒステリックにはなっては絶対にNGです! 

 

浮気問題で取り乱してパニックになり、よかったと言えるケースはほとんどありません。

大半の浮気問題を経験している人は、

あの時もっと冷静になれれば…と後悔しています。

今後の人生に結びつく大事な問題だからこそ、冷静さを失わないように心がけましょう。

もしも冷静さを失ってしまいそうなら、友人やご両親、第三者に間に入ってもらって話し合っていくのも一つの手です。

カテゴリー: 関係修復を考えている人へ パーマリンク