妻の浮気相手に制裁を加える方法・ポイント4

浮気調査で証拠を得る可能性を上げるには、プロとの事前の打ち合わせが欠かせません。

妻の行動の変化や、浮気時のパターンを記録に残しておくことが大切。

制裁には、計画性が必要なのです。

ここまでの3つの記事で、その点はお伝えさせて頂きました。

当シリーズの最後に、探偵に浮気調査を依頼する際の、とても大切なポイントをお伝えしたいと思います。

 

ポイント4:探偵事務所の「成果報酬プラン」を活用する

前回の記事でお伝えした通り、

浮気調査はどれだけ熟練の探偵を使っても、成功率100%ではありません。

尾行したその日に限って、食事しかしなかったり

巧妙にまかれたり

あるいは、浮気相手と会いすらしないことも…

こうした事態は、どれだけ入念に準備していたとしても起こり得ます。

浮気調査は、決して安くありません。

1時間当たり8,000円前後の設定が一般的ですが、1時間で調査が終わるはずはなく…

半日〜丸1日

場合によっては、泊りがけの調査や2名で数日をかける場合もあります。

単発で調査を依頼していると、証拠が出ない度に、調査費用がかさんでしまいます。

一体いくらかかってしまうんだ?

そう不安に思う必要はありません。

 

探偵事務所の中には、「成功報酬プラン」を用意している事務所があります。

成功報酬プランとは、訴訟に勝って慰謝料を取るに十分なだけの証拠を集められた時点で「成功」とするプランのことです。

 

浮気相手に制裁を加えるという目的が明確なのであれば、

単発の調査を依頼するよりも、成功報酬プランを活用する方が確実。

一回一回の調査の成否に一喜一憂する必要がないので、精神的にも望ましいです。

妻の浮気相手に制裁を加えたい。

そう考えたなら…

・慰謝料の請求ができるか/どのような証拠が必要かを判断できる弁護士

・訴訟に成功報酬プランを用意している探偵事務所

この条件を兼ね備えていることが絶対条件です。

計画性が必要な制裁。

プロの力を借り、あなたの念願が成就することを祈っています。

カテゴリー: 浮気心理, 男性の相談 パーマリンク