妻の浮気相手に制裁を加える方法・ポイント3

制裁を加えようと動く前に大切なのは、専門家に「勝ち目があるか」を確認すること。

そのポイントについて、前回の記事でお伝えしました。

 

今日は、いざ具体的なアクションを起こす際のポイントについてお伝えします。

 

ポイント3:プロに証拠集めを依頼する

具体的なアクションには、入念な下準備が必要です。

まずは、制裁を加えるため、訴訟で勝つために必要な証拠を整理します。

 

浮気の証拠とは、ズバリ、「不貞を働いた証拠」のことを言います。

異性と二人きりで食事をした写真や、やり取りしているメールだけでは、「浮気の証拠」には不十分。

肉体関係を結んだ証拠が必要です。

弁護士と探偵事務所、両方と打ち合わせをし、

「訴訟に必要な証拠は何か?」を明確にしましょう。

そして、次に、「どのようにその証拠を集めるか?」を詰めていきます。

ここで事前の準備が大切。

・浮気相手の素性

(名前、職場、行動パターン等がわかればベスト)

 

・浮気のきっかけ

(いつから、どのようにして始まったのか)

 

・浮気のタイミング

(いつ、どんなタイミングで浮気しているのか)

 

・浮気時の行動パターン

(時間帯や行動エリア)

 

こうした事前情報を、依頼主である夫が集めるのです。

もちろん、妻に聞くことはできませんので、内密に。

行動の変化を記録し、浮気する可能性が高いタイミングを見抜けるようにしておきます。

 

探偵は浮気調査のプロフェッショナルではありますが、100%必ず証拠をゲットできるとは限りません。

びっちり尾行していても、不貞行為に及ばないことだってあり得ます。

 

また、尾行を繰り返すほど、探りを入れる頻度が高まるほど、

相手に勘づかれるリスクが高まってしまいます。

 

そのため、一度の浮気調査で確実に証拠がつかめるのが理想的なのです。

 

プロに証拠集めを依頼する。

その際に、証拠を得られる可能性が高まるように、下調べをしておく。

これが、浮気相手に制裁を加える、3つ目のポイントです。

 

続きはこちら

>>妻の浮気相手に制裁を加える方法・ポイント4

カテゴリー: 浮気心理, 男性の相談 パーマリンク