《保存版》妻の浮気相手に制裁を加える方法

パートナーの浮気。

とても悲しくて辛いことです。

裏切られたことに対する怒りやショックは計り知れません。

その事実を受け入れ、関係修復を目指すという選択がある一方…

※詳しくは、こちらをご覧ください

>>《保存版》妻の浮気ぐせを治し関係修復する方法

 

選択肢はもう一つあります。

それは…浮気相手に制裁を加えるという選択肢です。

 

浮気・不倫という「道に外れた行為」をした相手に、社会的制裁を加えるには、

専門家のサポートが欠かせません。

制裁を加えるためのポイントをまとめましたので、

鉄槌を下したい方はご覧ください。

 

ポイント1:制裁の方向性を決める

浮気をされた被害者だからといって、何をしても良いわけではありません。

どのような形で制裁をするか、専門的なアドバイスを活かしつつ決めましょう。

慰謝料を請求するのが一般的です。

 

詳細はこちら

>>妻の浮気相手に制裁を加える方法・ポイント1

 

ポイント2:制裁可能か条件を確認する

浮気の事実があったとしても、「浮気の正当な理由」があった場合は、

慰謝料請求ができなかったり、減額されてしまうことも。

また、こちら側に浮気やダブル不倫の事実があると、痛み分けになってしまいます。

アクションを取る前に、条件を確認しましょう。

 

>>妻の浮気相手に制裁を加える方法・ポイント2

 

ポイント3:プロに証拠集めを依頼する

浮気の確固たる証拠を集めるには、プロの力が必要不可欠。

望む制裁には、どのような証拠が必要なのかを打ち合わせ、

浮気調査をお願いしましょう。

 

>>妻の浮気相手に制裁を加える方法・ポイント3

 

ポイント4:探偵を依頼するなら成功報酬型がベスト

慰謝料を引き出すために、浮気調査を依頼するなら、成功報酬型がベストです。

訴訟に勝てるだけの証拠を集める。

結果にコミットするプランで依頼すると、確実です。

 

>>妻の浮気相手に制裁を加える方法・ポイント4

 

制裁には、計画性が必要。

怒りに任せて行動してしまうと、失敗に終わったり、

証拠を集めたものの、慰謝料を得られるだけの条件を備えていなかった…

となってしまいます。

 

法律のプロ&調査のプロ

両者の力を借りることが、確実な道です。

 

 

 

 

カテゴリー: 浮気心理, 男性の相談 パーマリンク