婚姻関係の破綻 〜相談事例〜

以前、知り合いの社長からこんな相談がありました。

 

友達(旦那Aさん)の話だけど…

Aさんは結婚しているけど、浮気が奥さんにバレて慰謝料請求すると奥さんの主張。

Aさんも受け入れ、慰謝料を払う覚悟。そして、浮気相手と一緒になるつもりでした。

ですが、夫婦の話し合いにより、

「5年後に離婚しよう、子供のために!」と。

おそらくお子さんが20歳を迎えるまで! ということでしょう。

 

ここまでの話なら、もうあとは5年待つだけですし、何の相談?と思っていたら、

 

Aさん曰く、

「最近妻の様子がいつもと違うんです。いつも履かない赤いハイヒールとか履いて出かけていくんです。もしや……  」

Aさんの思惑は、

慰謝料請求されているが、離婚もしていない、そして、妻も浮気してることが発覚したら、慰謝料請求を減額、又は撤回などできないだろうか?  

もしできるなら妻の行動調査をお願いしたいところですが?

という相談でした。

 

離婚問題、法律に強いまことサーチです。

すぐさま弁護士の先生に確認したところ、

「婚姻関係が破綻になってるかどうかです。 」

 

婚姻関係の破綻とは?

離婚が成立していなくても、別居状態、もしくは家庭内別居など、

具体的には、寝室も別々、夫婦の会話なし、居住スペースも別々などの状態のことを言います。

 

婚姻関係が破綻していなければ、話し合いにより、慰謝料請求の減額等できる可能性がありましたが、

 

結果、社長通じて、Aさんに確認したところ、

すでに別居されている関係でしたので、

今回は慰謝料減額等の、Aさんの願いはかないませんでした。

カテゴリー: スタッフブログ, 法律 パーマリンク