知らないと危ない!浮気調査の料金のカラクリ

夫が不倫?妻が浮気?

起きて欲しくないことですが…

もしも起きてしまったなら、極力早い対応をしたいものです。

けれど、どこの探偵会社に調査を依頼すれば良いか…

それが問題ですよね。

調査料が高いイメージがあるだけに、

少しでも安い探偵会社を探しがちなのですが…

実は、浮気調査には、知らないと危ない「料金のカラクリ」があるのです。

1時間単位の料金を信じてはいけない!?

もしも、こんな価格設定の探偵会社が見つかったら、あなたはどこに調査を依頼しますか?

〜調査料金比較〜

A社:1時間6,000円〜

B社:4時間32,000円〜

C社:1日150,000円(6時〜24時)

パッと見た印象としては、A社が一番安いように思えます。

単純計算すると…

〜調査料金比較〜

A社:1時間=6,000円

B社:1時間=8,000円

C社:1時間=8,333円

確かに、A社が安い!

ただ、この情報だけを頼りにA社に依頼するのはとても危険です。

なぜなら、「目的に応じたベストな調査内容」を選ばないと意味がないから。

 

浮気調査を依頼するのは、「証拠」を手に入れるため。

そのためには、どれだけの調査時間が必要かを考えなければいけないのです。

そして、浮気調査は1時間ですんなり終わることはあり得ません。

大抵の場合、半日〜数日にかけての調査が必要になるのです。

1時間当たりの金額は、あくまで参考程度にとらえた方が良いのですね。。

時間単位で依頼する危険性

私は、依頼を頂いた際には、時間単位の調査ではなく、日単位の調査をオススメしています。

これには理由があります。

浮気調査は、調査ターゲットの行動パターンを調べたうえで、

「証拠を確保できる可能性が高いタイミング」で行うもの。

当然、成功率は高まります。

ただ、調査ターゲットが、予想した通りの行動を取るかは、当日にならないとわかりません。

浮気相手とランチ→ホテルというパターンで行動するので、

8時間の調査を依頼した。

昼前から尾行を開始し、夜には調査を終えるはずが…

この日に限って、ランチの後にショピングに出かけた!

調査時間の終わり際、ホテルに入る姿は押さえたけれど、

8時間が経過してしまい、ホテルから一緒に出てくる姿は、写真に収められなかった。

これでは、裁判で勝てる証拠にならない可能性があります。

時間単位の契約には、こうした弱点があるのです。

あと2時間あれば、完璧な証拠を取れたのに…

と、言われても、後の祭りですよね。

また、安いから時間単位の契約をしたのに、探偵一人では十分な証拠を得られないケースも…。

時間単位で安くても、結局高くつくことが多いのですね。

 

日単位で金額を明記している会社が安心

探偵会社の多くは、1時間単位の価格は明記していても、

日単位、数日単位の価格を明記していません。

・証拠が出るまで、2日間にわたって調査をすることになり、50万円以上も請求された

・当初の契約時間内に証拠が得られず、追加の契約を迫られた

こうした悲しい結果に終わらないためには、

日単位で価格を明記している探偵会社を選ぶのが良いでしょう。

半日・1日・3日と、予め金額設定がわかっていた方が、安心ですよね。

請求書を見て、大ショック!とはならずに済むし、

時間切れで証拠を得られず…という結果にもならないですから。

「弁護士が代表をしている」というポイントに加え、

「価格表記の仕方」も意識して探偵会社を選びましょう!

カテゴリー: スタッフブログ タグ: , , パーマリンク