浮気・不倫調査を依頼する前に気をつけるべき3つのポイント

夫が浮気!?

そうとしか思えないメールを発見してしまった!

「奥さんらしい人が、若い男と歩いているのを見かけた…」

友人からそう聞かされてしまった!

パートナーが浮気や不倫をしているに違いない!

と、思うと、いてもたってもいられなくなりますよね。

・パートナーを問い詰める

・休日にこっそり後をつける

・探偵に調査を依頼する 

 

ただ…いきなりこうした行動をとる前に、気をつけるべきポイントがあります。

必ず知っておいて頂きたい3つのポイントをお伝えしましょう。

1:尾行や証拠集めは自分でやらない

まず、絶対に知っておいて頂きたいのは、

「尾行や証拠集めを自分でやろうとしてはいけない」ということ。

パートナーを疑い出すと、浮気・不倫の確証をすぐにつかみたくなるもの。

そのため…

・パートナーの行動を根掘り葉掘り問い詰める

・手帳やスマホ、カバンの中身をチェックする

・自分で(あるいは知人に頼んで)尾行する

こうした行動を取りたくなるもの。

その気持ちはわかりますが、実は逆効果なのです。

問い詰めることで、パートナーは、「疑われていること」に気づきます。

手帳やスマホを下手にいじると、「見られたこと」に気づきます。

また、ターゲットに気付かれずに尾行するのは困難。

かえって警戒されてしまうのです。

 

すると…いざ、浮気調査となった段階で、

ガードが固く、調査が難しくなってしまうのです。

行動を取りたい気持ちをぐっと抑え、パートナーを泳がせるように気をつけましょう。

 

2:離婚?慰謝料?関係修復?この先どうしたいか、方向性を決めておく

次に気をつけるポイントは、

「この先どうしたいか」方向性を決めておくことです。

浮気調査を依頼すると、白か黒かがはっきりします。

黒(浮気・不倫をしていた)だった場合、どうするのか?

・証拠をもとに、離婚するのか

・浮気相手から慰謝料を請求するのか

・再出発(関係修復)のきっかけとするのか

 

方向性によって、アプローチが変わってきます。

もしも、慰謝料を取ろうと思うなら、

しっかりとした証拠集めが必要ですし、成功報酬型の依頼も考えられます。

一度冷静になり、調査の目的・方向性を考えておくと良いでしょう。

 

3:浮気調査に必要な情報を集めておく

気をつけるべきポイントの3つ目は、

調査に必要な材料を集めておくことです。

探偵に調査を依頼する場合、ある程度の狙いをつけておく必要があります。

浮気相手がどこの誰かも、パートナーの行動パターンもわからないのでは、

闇雲に張り付き、時間もお金もかかってしまいます。

そうならないよう、調査に必要な情報を整理しておくのです。

 

例えば…

・パートナーの職業

・浮気・不倫を疑うようになったきっかけとタイミング

・パートナーの行動の変化

(いつから?どのように変化したか?)

わかるなら

・浮気・不倫の相手のプロファイル

(名前、年齢、職業等)

こうした情報が揃っていると、いつ調査を実行すれば証拠がつかみやすくなるか、

狙いが絞れます。

 

浮気!?不倫!?

今すぐ調査を依頼すべき!?

そう思った時には、今回お伝えした3つのポイントを思い出してください。

 

3つのポイントに気をつけることで、あなたの望む答えに、スムーズにたどり着けますよ。

カテゴリー: スタッフブログ, 浮気心理 タグ: , パーマリンク