調査時間と料金のからくり

探偵会社に問い合わせすることはよっぽどじゃないとすることはないでしょう。基本、ほとんどの方がはじめてです。

浮気なんてしょっちゅうあったらたまったものじゃありませんよね。

問い合わせされるみなさまは、ほとんど方が「料金が高そう!安くはない!」と認識されています。

ですが、予想以上にかかってしまったりすると、浮気されて気持ちが落ちてしまっているのに、お金まで高額の出費となり、さらには、慰謝料請求しようと考えていたが、相手がお金もっていなくてとれない、などなると、ドツボにはまってしまいます。

ここで、料金を安くして、しっかりとした調査をするポイントをお話します。

パートナーが浮気してるかも?と思ったら、

  1. 感情的にならないこと
  2. 自分でできるだけ多くの証拠を集めること
  3. 証拠を集めるときから、最終探偵会社に調査を依頼し、確かな証拠が取れるまでパートナーにバレないこと、警戒されないこと

探偵会社へ依頼するときには、小さくても大きくてもできるだけだけ多くの証拠や手がかりを持参していただいたほうが、調査に取り掛かる手段や方法が増えるので、料金も安くすることが可能です。

逆に情報が少ないと、いつ浮気の行動を起こすかわからないので、手当たり次第調査することになれば、当然料金も高くなります。

 

・感情的にならないこと 

浮気してる人の心理とは…

「あなた、浮気してるでしょー! 」と感情的に言いますと、相手はしばらくは浮気は控えるかもしれません。しかし、しばらく時が経てば、必ずといっていいほど、浮気行動を起こします。そして警戒しながら。

・自分でできるだけ多くの証拠を集めること

携帯のメールやラインの文章や写真、財布の中のレシートなどあると良いでしょう。

一番大事な情報は、浮気していそうな時間帯と日時です。「金曜日の夜だけいつも遅い、月の初めには出張がある、週末には必ずゴルフにでかける」などの情報をもとに、調査を行いますので、その情報の可能性が高ければ高いほど調査時間、調査日数は少なくすむからです。

・証拠を集めるときから、最終探偵会社に調査を依頼し、確かな証拠が取れるまでパートナーにバレないこと、警戒されないこと  

しかし、上記2点を含める行為は、やりすぎ注意です! 情報とることと危険は背中合わせです。あくまでもバレない、警戒されないことが最優先です。

調査料金は決して安くはありません。依頼者の目的によっても変わってきますので、お早めにご相談して頂くことをお勧め致します。

カテゴリー: スタッフブログ, 浮気心理 パーマリンク