裁判所から郵送される書類

訴えられた側を「被告」と言います。

その場合、裁判所から郵送で書類が送られて来ます。この郵便物は同居の家族が受け取っても本人が受け取ったことになります。

裁判所の封筒の中には、
訴状
証拠書類(甲*号証)
口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告状
「答弁書」の書き方などの書類が同封されています。

これらは特別送達で郵送されますが、特別送達とは民事訴訟法に規定する方法により裁判所や公証役場から訴訟関係人などに送達すべき書類を送達し、その送達の事実を証明する郵便の特殊取扱の郵便物です。

以前より何度も掲載してます通り、二つ目にあります「証拠書類」です。これは配偶者の浮気調査を探偵調査会社が行い、取り揃えた書類です。

提訴する側もこの証拠書類が不十分なものだと訴訟に勝つ可能性が薄れてきます。

カテゴリー: 法律 パーマリンク