不倫行為をしている本人の意思は

不倫している本人は離婚をしないつもりでも、婚姻関係が結ばれている配偶者以外の、別の異性と肉体関係を持っていると発覚した場合でも、あなたの意思とは無関係に離婚が成立することがあります。

それは、配偶者が不倫行為をしている当事者を不貞行為を理由に裁判を起こした場合で、裁判所により不貞行為が認められたら「離婚」成立します。

その場合、配偶者や家族と別れるだけはでなく、精神的苦痛という理由から慰謝料を請求されることもあるでしょう。

また不貞行為の相手が既婚者だった場合には、その相手の配偶者からも慰謝料を請求されることがあります。

さらに、社内の不倫なら、男性側の降格、女性側なら退職、移動転勤と、経済的破綻だけでなく、社会的地位を失うケースも多々あります。

カテゴリー: スタッフブログ, 法律 パーマリンク