しつこく問い詰めるのはNG

前回お話しました、うまくカマをかけることができたとしたら、

少なくても一時的に「いい気分」を味わえ、精神的にも優位に立てた気持ちになれると思います。

そして日々の生活をする上で、パートナーは後ろめたい気持ちを精一杯隠しながら生活することになりますので、そこでさらにしつこく問い詰めることをすれば、その後が大変になります。

パートナーはさまざまなことに警戒をはじめ、携帯の浮気相手の名前を変えたり、写真消去、LINEの文章消去、後々必要となる貴重な証拠を消去されます。

仕事終わって浮気相手と会うときも周りをキョロキョロしたり、いきなりUターンしてみたりと警戒心が強くなり、

一番の有力な証拠となるラブホテルの出入りまで違う入口から2人別々に入られたりとなると、その後探偵会社へ調査を依頼する際は、とても厄介です。

調査が難航しましたら、調査を依頼する日程も多くなると余分な料金が嵩むことになりかねません。

・浮気の証拠を消される
・警戒心を持たれる
・離婚や法律の知識を持たれる

関係修復する場合も、離婚を視野に入れて調停・裁判用の証拠収集を行う場所にも、自分が優位に立つためにも、どちらも確信をつく証拠が必要となります。

よって、浮気や不倫かも?と思い、しつこく問い詰めるのは絶対にNGです。自分で自分の首を締め付けることにもなりかねないので、ご注意してください。

カテゴリー: スタッフブログ, 浮気心理 パーマリンク